マロン達に感謝〜Kの笑進日記〜

いつも癒してくれているワンコ(15歳、4歳)と2016年5月に天使になったオカメインコ(享年4歳)や自らの心情や日常の出来事などを綴っていきます。
親からの虐待、病気になって18年、夫も息子も障害ありでままならない日常です(>_<)
でもでも、笑顔で精進し続けます!

幸せになる条件

大好きで尊敬する江原啓之さんは不幸になる人に共通する傾向を挙げています。

1.物質主義的価値観の強い人

2.人と自分を比べる人

3.怠惰な人

4.愛情の無い人

5.中途半端に幸せな人

6.魔法好きな人

7.心配性の人

8.暗い人

9.考えない人

10.祈らない人


幾つ当てはまるでしょうか?


あたしは5が当てはまるかな〜?


行動しているから働いているから怠惰ではないと言うのは違います。

怠惰は思考にも現れます。


「私なりに頑張っている」とは怠惰ですよね。

「私らしく頑張っている」のは謙虚で努力している様を感じられると思いませんか?


自分で言っちゃいますが、あたしは向上しよう、良い人であろうと努力してきましたし、今後も精進していきますよ!


だから、頑張ってきたから、頑張って!と言われるのが嫌なんですよね〜

これ以上無理じゃい!頑張り過ぎて病気になってるのに!と反発したくなります。


そんな考えのあたしもまだまだだな〜と思いいつつ、頑張らないで顔晴りますよ♪


私らしく、ね!

擬態

心理学の講義では胎内にまで遡って勉強します。

胎教がどれ程大切か、早産や未熟児出産の意味も習います。

それどころか、結婚する意味も考えさせられますし、若い人にこそこの学びが必要です。


人間はみんな二面性を持っています。

嫌いな人が多い人はそれだけ自分にも許せない部分が多い人です。

人間は相手と鏡の関係なんです。相手に見ているのは実は自分だったりします。


明るい人も暗い部分は持っているし、おおらかそうな人も細かい部分があったりするので、自分の全てを受け入れられるようになりたいです。


性格に悪とか良はありません。と、先生がおっしゃいました。


良い人とは自分と似ていたり支持できる部分の多い人の事を、自分で勝手に決めているだけ。


またMr.Childrenの話になりますが、今回の抗議はあたしが勝手にですが擬態と言う曲を思い出して考えさせられて、やっぱり桜井さんは凄いと言う結論に達したのでした(笑)