マロン達に感謝〜Kの笑進日記〜

いつも癒してくれているワンコ(15歳、4歳)と2016年5月に天使になったオカメインコ(享年4歳)や自らの心情や日常の出来事などを綴っていきます。
親からの虐待、病気になって18年、夫も息子も障害ありでままならない日常です(>_<)
でもでも、笑顔で精進し続けます!

調子が悪いけど頑張るよっ

寒いですねぇ〜


冬が苦手なKは体調悪くて死んでました(T-T)


こむぎちゃんも温かい物が飲みたいと…

私のコーヒー、ミルク入りだと飲んじゃうので要注意です(^_^;)


鼻に泡が…(^o^;)



寒い、寒くない関係無しに洗濯物に紛れるマロン。

洗濯物が大好きで、におい付けにコロンコロンします。


シロッコは私の頭の上♪

巣と化していますが、男の子故、卵は産みません(笑)



先日、朝も不調で中々起きられなかったものの、大丈夫と思い日本有数の渡り鳥の飛来地、伊豆沼へ行って来ました。

白鳥さんや鴨さんに食パンをあげて、餌付けを楽しみました♪

可愛い(*^^*)


サンクチュアリセンターには数々の鳥グッズが\(^^)/


マガンのねぐら立ち(Youtube見てみてね)で有名な伊豆沼ですが、マガンは餌を食べに出払っていて(田んぼに)一羽もいませんでした。


帰りにまたまた体調が悪くなり、彼氏さんに送り届けてもらい、バタンキューのKでした。

体が弱くて申し訳ないm(__)m



そして今日は心理学の講義の日でした。


今は病理を習っています。


神経症に幼児期の葛藤を見ようとするのはどの学者も一致しているらしいです。

根底に母からの温もり、眼差し、声がけがあれば病理には程遠い人になるのでしょう。

正しい自己愛が形成されていてストレスの無い人は「心の病」「体の病」「事故、怪我」にはならないのです。

正しい自己愛は自信へと繋がり、自信=安心、安全となるのです。


私は正しい自己愛が欠如していましたので、厭世感が強く死のうとした過去もあります。


今、分析家の先生と共に自分の育て直しの作業中です。


これからどんどん元気になって、まったりゆっくり生きて行きたいの(^.^)


まったり、こむぎ↓


ゆっくり、自由に、ネ♪


マロン、こむぎ、シロッコに見習う所がいっぱいです(^^)


お母さんは頑張るよp(^^)q



とりとめの無いお話にお付きあい頂きましてありがとうございました(^ー^)

にほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへ

にほんブログ村 病気ブログ ストレス性疾患へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。