マロン達に感謝〜Kの笑進日記〜

いつも癒してくれているワンコ(15歳、4歳)と2016年5月に天使になったオカメインコ(享年4歳)や自らの心情や日常の出来事などを綴っていきます。
親からの虐待、病気になって18年、夫も息子も障害ありでままならない日常です(>_<)
でもでも、笑顔で精進し続けます!

こむぎに腫瘍が(>_<)

こんばんは!


今朝こむぎと戯れていた長男が

「こむぎに何か出来てる!昨日は無かった」と言うので下腹を触ってみると確かにコロコロした物が…


病院に向かいました!


一人で車に乗るのは慣れないこむぎ。


診察中です

固まっていました(>_<)

いつものヤンチャは全く無くて…


細胞検査をした後、呼ばれて「一番奥の部屋へどうぞ」と言われた瞬間、何かあったんだ(>_<)と察知しました。


マロンの心臓病の時も一番奥の部屋でしたから…


ボードに書いて頂き、画像を見ながら説明されました。


腫瘍の中に炎症を起こしている細胞がある事、怪しい細胞もある事など…(>_<)


悪性の場合は腫瘍が大きくなるのが早いらしく、2週間後までお薬で様子を見て、大きくなっていたら手術になります(;o;)


こむぎを抱いて泣きました(。>д<)


悪性だと決まっていませんが、鬱々していたところにこの事態…


耐えられず、待合室、帰りの車の中でも涙は止まりません(T_T)


シロッコが突然死して、マロンはいつ亡くなってもおかしくない状態で、こむぎまで悪性だったら…(>_<)


明日、3月に埼玉の大学に行った二男が初めて帰って来て、クリスマスをするのに…

全然ワクワクしません(T_T)


悪い方に考えないようにしなくちゃ!


こんなに元気なこむぎだもん、きっと大丈夫だよね!



最後までお付き合い下さいましてありがとうございました(^^)

にほんブログ村 病気ブログ ストレス性疾患へ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。